初心者のためのラジコンカー購入ガイド

初心者に向けて、ラジコンカーを初めて「買う」までに必要な情報をまとめました。

  • 本ガイドの対象者は、ラジコン初心者(経験者向けに書いておりません)。
  • この記事での「ラジコン」は、「電動R/Cカー」とします。「エンジンR/Cカー」は除外します。

購入までの流れ(目次)

ラジコンを始めるって大変

2014年7月に20年ぶりにラジコンカーを購入しました。その時感じたのが…

「『ラジコンカーを始めるために必要な情報』って、探すのがスゴく大変!

ネット上にある「入門情報」は古いし…本屋に売ってる入門書の内容も不十分だったし…わからないことは、ラジコン専門店で聞かなきゃならないのが現状です。めちゃくちゃ時間を費やしました。

「これからラジコンを始める方には、時間の無駄なく、ラジコン選びを楽しんで欲しい。」

そんな思いから、私がラジコン購入時につまづいた経験を基に、この記事にまとめました。

1.まず考える

次の3つをクリアできなければ、比較的早く、ラジコンを挫折する可能性があります。ラジコンは数万円の初期投資が必要です。ムダな出費をしたくなければ、しっかりと考えましょう。

  1. 最寄りにラジコンで遊ぶ場所がある
  2. 最寄りにラジコン専門店がある
  3. 修理が終わるまで気長に待てる

ただ、この3つすべてクリアできなくても、「しくみ」さえ作れば、挫折せずに続けることも可能です。そのしくみは…

1.最寄りにラジコンで遊ぶ場所があるか?

最寄りにラジコンで遊ぶ場所がなければ、ラジコンは諦めましょう。遊ぶ場所がなければ、ラジコンを楽しむことはできません。遊ぶ場所があっても、遠ければ気軽にいけません

この「気軽にいけない=気軽に遊べない」が、ラジコン挫折を確実に引き起こします。

2.最寄りにラジコン専門店があるか?

ラジコン専門店が自宅から遠いと、行くのが面倒ですよね。この「面倒」がラジコン挫折を引き起こす要因になります。

3.修理が終わるまで気軽に待てるか?

修理パーツが入荷するまで気長に待てないならば、ラジコンは諦めましょう。

修理に必要なパーツは、いつでも返るとは限りません。古いマシンや人気のないマシンのパーツは、在庫切れや入荷未定であることもしばしば。

故障したラジコンは、修理が終わるまでは、走らせることができません。パーツが届くまでの間、ラジコンで楽しめないのです。

2.知る

先の3つの条件をクリアできるなら、次はラジコン購入に必要な情報を学びましょう。

知識がなくても、ラジコンを買うことはできます。ラジコン専門店の店員さんに、購入品すべてを選んでもらえばいいわけです。ラクですよね。

でも、自分の希望を、店員さんに確実に伝えることができなければ、後で不満の残る買い物になります。「知らない」が引き起こすリスクは、次の2つ。

  1. 不要なものを買う
  2. 無駄な時間を過ごす

数万円も出費してまで、嫌な思いをするくらいなら。事前に勉強しておきましょう。

ラジコンを楽しむために必要な情報

ラジコンを買って走らせるためには、次の8つについて知る必要があります。

  1. ラジコンの選び方
  2. ラジコンの組立方法
  3. ボディの塗装方法
  4. バッテリの充放電方法
  5. 操縦方法
  6. 掃除方法
  7. メンテナンス方法(点検、修理、整備)
  8. 保管方法

ネットじゃなく入門書で学ぼう

ラジコンの基礎知識は入門書で学びましょう。基礎知識は、ウェブで調べることもできます。でも、ウェブの情報は、入門書のようにまとめられていません。古い情報も多いです。入門書と同等の情報をウェブで得るには、かなりの労力と時間が必要です。

ラジコンの基礎知識は、次の手順で学ぶと良いでしょう。

  • 手順1.まずは入門書で基礎知識を学ぶ。
  • 手順2.わからないことは、ウェブで調べる。ただし、深追いしない
  • 手順3.ウェブの情報の正否は、ラジコン専門店の店員さんに確認する。

本で知る

まずはこの本を読みましょう。ラジコン用語になれることが重要です。

ただし、「この1冊さえあれば困らない!」という入門書ではありません。具体的な組立方法、塗装方法、メンテナンス方法は、別の入門書を買う必要があります

ラジコン初心者が読むべき3冊の入門書

インターネットで知る

情報の鮮度に注意

記事冒頭にも書きましたが、ウェブ上でまとめられた「入門情報」は、掲載日が古い情報が多いです。ウェブで得た情報は鵜呑みにせず、ラジコン専門店で確認しましょう。

ウェブ上の「入門情報」のうち、比較的安心して読める3サイトを紹介します。

メーカーが発信する情報

タミヤRCスタートガイド
タミヤが発信するだけに、信頼できる情報です。まずは、このサイトを一通り読むと良いです。

ラジコン専門店が発信する情報

ラジコン初心者関連リンク|ホビーショップシンタニ
北海道のホビーショップによる入門情報。掲載時期は不明。ウェブサイト自体は2011年開設のようです。

ユーザーが発信する情報

超初心者のためのR/C入門ガイド
最終更新日は2012/4/1(2014/9/15現在)。結構詳しく書かれてます。最近は工具に関する情報発信もされているようです。

ラジコン専門店で知る

最寄りのラジコン専門店は、検索サイトで調べましょう。「ラジコン専門店 (地域名)」と検索すれば、大抵見つかります。

なお、古い情報ですが、全国のショップリストもあります。

ラジコンカー全国ショップガイド|エイ出版社
2008年5月末時点でのショップリストだそうです。

全国のラジコンショップ|タウンページ
今の子どもは、タウンページを知っているのかな?

目次へ戻る

3.選ぶ

キット?完成品?どっちがいい?

「ラジコンを長く続けたい!」なら、完成品を買うべきです。買って、すぐに走らせるべきです。「走らせる楽しみ」をできるだけ早く実感することが、長続きの秘訣です。

経験者は「1台目はキットを組み立てるべき!」なんてウェブ上で書いてます。でも、その理由は明確ではなく、信憑性に欠けます。

初心者に告ぐ!初めてラジコンを買うならキットは買うな!
初心者が完成品を買うべき理由を紹介しています。

くれぐれも、キットを買って組み立てたものの、塗装がストレスとなり挫折…なんてことないように(笑)

ラジコンのキット完成に2ヶ月掛かった理由
作るのが難しくて2ヶ月掛かったわけではありません(笑)

マシン

マシンには様々なジャンルがあります。冒頭で考えた「遊べる場所」を考慮して、マシンを選びましょう。くれぐれも、遊ぶ場所が少ないマシンを選ばないように。

さまざまなR/Cカーのジャンル [ラジコン自動車] All About
2007/6/26の記事

マシン以外で必要なもの

キットと完成品で、購入するものが異なります。詳細は、こちらの記事にまとめています。

目次へ戻る

4.購入品の確認

買い物リストを作ろう

欲しいものが決まったら、それをリスト化しましょう。リスト化する理由は3つあります。

  1. 自分で購入漏れに気づくことができる
  2. 店員さんにリストを渡せば、モレを指摘してくれる
  3. 店員さんにリストを渡せば、不要品や選定ミスを指摘してくれる

目次へ戻る

5.ラジコンの購入

「ネット通販は安い」とは限らない

1円でも安く買いたい!と思って、すべてネット通販で買う方もいるかもしれません。でも、店舗の方が安いことも多いんです。こればかりは、店舗に行かなければわかりません。最寄りにラジコン専門店がある場合は、あなた自身で確認して下さい。

店舗で買う意味

ラジコン専門店での購入をお勧めする理由は、4つあります。

  1. 無駄な出費を防ぐ
  2. 無駄な時間を使わずに済む
  3. 買ったあとも相談しやすい
  4. アドバイザーができる

目次へ戻る

まとめ

一番最初に考えなければいけないのが、「最寄りにラジコンで遊ぶ場所があるか?」。遊ぶ場所がないなら、ラジコンは諦めましょう

あとは、ラジコン専門店で完成品のラジコンと工具等を買って、すぐに走らせて遊んじゃいましょう。好きなボディのラジコン・キットがあっても、そこはちょっと我慢して、ラジコンの楽しさをまず味わいましょう。それからでも遅くはないはずです。

それでは、良いラジコンライフをスタートして下さい。

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください